4 資料の活用
文字サイズを小にすると,A4印刷できます
1 資料の散らばり1(解答)
岡山朝日高校 (H26年) ★ 中央大杉並高校 (H26年) ★★
身長 (cm)  相対度数
 以上 未満
145 〜150 

0.04 
150 〜155  a
155 〜160  0.17 
160 〜165  b 
165 〜170  0.19 
170 〜175  0.15 
計  1.00 
(1) a=[  ],中央値がはいる階級の階級値,160cm以上の人数

【解】

ab=1−0.55=0.45,
b
=2aより,a0.15
中央値は160〜165cmで,
 その階級値は162.5cm
160cm以上は,
 120×(0.30+0.19+0.15)
 =76.8≒77人


(2) 3年生男子の人数

【解】
3年生をx人とすると,

 1年生は360−x−120=240−x

全学年全員の身長合計から式を作ると,

 156.3×(240−x)+161.0×120+168.3x
 =161.8×360

168.3x−156.3x=58248−37512−19320

 12x=1416で,x118.人

得点 合計 
人数 x  y  40 

(1) xyの値

【解】

xy=40−(2+3+3+5+8+9)=10…ア
3x+6y+(1×3+2×3+4×5+5×8+7×9)
 =4.5×40
3x+6y=180−132で,x+2y=16…イ
イ−アより,y=6
これをアに代入して,x+6=10より,x=4


(2) 2問以上正解した生徒の人数

【解】
0問は0点,1問は1点,2点,4点の人だから,
 40−(2+3+3+5)=40−13=27人

(3) 各問題の正解者数

【解】

問題1は1点,3点,5点,7点で,3+4+8+9=24人

問題2は2点,3点,6点,7点で,3+4+6+9=22人

問題3は4点,5点,6点,7点で,5+8+6+9=28人
埼玉県立高校 (H26年) ★ 国立高専 (H25年) ★
 3問のうち2問だけが正解だった人数

A,B,Cの得点の合計(点)  0 1 2 3 4 5
人  数 (人) 0 3 5 9 15 8 40


【解】

AとBは2点で,5人

AとC,またはBとCは4点で,15人

よって,5+15=20人
階級 (回)  度 数 (人) 
テニス部 サッカー部
 以上 未満
0 〜 4 


4 〜 8 12 
8 〜 12  9  24 
12 〜 16  5  8 
20  50 
 目標回数に達した人数の相対度数は,テニス部が[ア ],サッカー部が[イ ]だから,目標に達した割合は,[ウ ]部の方が大きい。

【解】

テニス部は, 9+5 0.7
 20
サッカー部は, 24+8 0.64
 50

0.7>0.64より,テニス部の方が大きい。

TOP] [問題に戻る]  ★ 中  ★★ やや難  ★★★ 難