1 数 式
文字サイズを小にすると,A4用紙に印刷できます
 21 二次方程式3    月   日(  )
 1  明治大明治高校 (H29年) ★★  3  中央大杉並高校 (H29年) ★
 xについての2次方程式 x2axb=0 の2つの解からそれぞれ1を引いて2倍した数が,2次方程式 x2−6x+4=0 の2つの解になっている。
 このとき,a=[ ],b=[ ]である。













  
 xは方程式 x2−5x+3=0 を満たす小さい方の数とします。このとき,次の式の値を求めなさい。
 x(x+√13)
 x2−5x+9













  
福岡大附属大濠高校 (H29年) ★ 慶應義塾志木高校 (H28年) ★★★
 2次方程式 (x−3)2+(x+3)(x−3)=1 の2つの解の差の2乗の値は[   ]である。


















 2次方程式 x2axb=0 の2つの解にそれぞれ3を足したものは,2次方程式 x2bxa=0 の解になるという。
 定数a,bの値を求めよ。















 

TOP] [BACK] [NEXT] [解答]  ★ 中  ★★ やや難  ★★★ 難