2 関数
文字サイズを小にすると,A4用紙に印刷できます
29 動点    月   日(  )
 1 徳島県立高校 (H30年) ★  3 明星高校 (H30年) ★★★
 1辺の長さが4cmの正方形ABCDがある。右の図のように,点PがAを出発し,正方形ABCDの周上を,毎秒1cmの速さでB,Cを通ってDまで移動する。
(1) 点PがAを出発してから6秒後の線分APの長さを求めなさい。



(2) 点Pが辺CD上にあり,四角形ABCPの面積が10cm2 となるのは,点PがAを出発してから何秒後か,求めなさい。



 
 右の図のように,∠BAC=90°,AB=8cm,AC=6cmの直角三角形ABCがあり,辺AB,BC,CAの中点をそれぞれD,E,Fとする。点Pが点Dを出発し,秒速1cmで線分DE,EF,FC上を点Cまで動く。
 このとき,次の問いに答えなさい。
(1) 点Pが点Dを出発してから1秒後の,2つの線分の長さの和DP+PCを求めなさい。

(2) 点Pが線分EF上にあるとき,DP+PCが最小となるのは,点Pが点Dを出発してから何秒後ですか。


(3)△BDPの面積が7cm2となるのは,点Pが点Dを出発してから何秒後ですか。

   
開成高校 (H29年) ★★★ 日本大習志野高校 (H29年)★★
 1辺の長さが√2の立方体ABCD-EFGHがある。最初,2点P,Qはそれぞれ点H,点Cにあって,そこから秒速1で立方体の各面の対角線上を次のように動く。
点P:点H→点C→点A→点F
点Q:点C→点F→点H→点A
点P,Qはそれぞれ点F,点Aに着いたら止まるものとする。
(1) 0≦t≦2とするとき,点P,Qが動き始めてからt秒後のPQ2の値をtを用いて表せ。

(2) 対角線AC,FHの中点をそれぞれM,Nとする。2≦t≦4とするとき,点P,Qが動き始めてからt秒後のPN2とPQ2の値をtを用いて表せ。


(3) 点P,Qが動き始めてから止まるまでの間で,点P,Qが動き始めてからs秒後にPQ=ABとなった。このときsとして考えられる値の個数とその総和を求めよ。

 AB=BC=6cmの直角二等辺三角形ABCがある。点PはAを出発し,辺上をA→B→Cの順に毎秒3cmの速さで動き,Cに到着後停止する。また,点Qは点Pと同時にBを出発し,辺上をB→Cの順に毎秒2cmの速さで動き,Cに到着後停止する。
(1) 2点P,Qが出発してから1秒後の線分PQの長さを求めなさい。


(2) 辺ACと線分PQが平行になるのは,2点P,Qが出発してから何秒後か,求めなさい。


(3) △APQの面積が△ABCの面積のになるのは,2点P,Qが出発してから何秒後か,求めなさい。



 

TOP] [BACK] [NEXT] [解答]  ★ 中  ★★ やや難  ★★★ 難