3 図形
文字サイズを小にすると,A4用紙に印刷できます
 18 作図    月   日(  )
山形県立高校 (H26年) ★★ 都立青山高校 (H25年) ★★
 図1のように直線 l 上に2点A,Bがある。美咲さんは,次の【条件】のア,イをともにみたす点Pを作図しようとした。
 図2は,美咲さんが途中まで作図した状態を表している。美咲さんが作図しようとした点Pを,定規とコンパスを使って,図2に作図しなさい。
 ただし,作図に使った線は残しておくこと。
【条件】
 ア
 
 点Pは,直線 l の上側にあり,∠PAB=30°である。 
 イ
 
 点Pを中心としたある円は,点Bで直線 l に接する。 








  
 右図の円Oは,母線の長さが底面の半径の長さの3倍である円すいの底面である。
 下に示した図をもとにして,この円すいの展開図を定規とコンパスを用いて作図を完成させなさい。
 ただし作図に用いた線は消さないでおくこと。













 
大分県立高校 (H26年) ★★ 戸山高校 (H24年) ★★★
 右図において,△ABCの辺AB,BC,CA上にそれぞれ点D,E,Fをとり,ひし形ADEFを作図しなさい。
 ただし,作図には定規とコンパスを用い,作図に使った線は消さないこと。










 右図のように 円Oと円Oの周上にない2点A,Bがある。
 円Oの直径PQを引いたとき,AP=BQとなる直径PQを1つ,定規とコンパスを用いて作図し,点Pおよび点Qの位置を示す文字P,Qも書け。
 ただし,作図に用いた線は消さないでおくこと。









TOP] [BACK] [NEXT] [解答]  ★ 中  ★★ やや難  ★★★ 難