4 資料の活用
文字サイズを小にすると,A4印刷できます
 14 さいころ1     月   日(  )
筑波大附属高校 (H26年) ★★ 桐朋高校 (H26年) ★
 1の目が1つ,2の目が2つ,3の目が3つある正六面体のさいころが2つある。この2つのさいころを投げるとき,出た目の数の和が奇数となる確率は[ ]である。






  
 2つのさいころA,Bを同時に投げ,出た目の数をそれぞれa,bとする。このとき,1,√a,√bを3辺の長さとする直角三角形ができる確率を求めよ。







   
東京電機大高校 (H26年) ★ 慶應義塾高校 (H26年) ★★
 1個のさいころを2回投げ,出た目の数を順にa,bとする。このとき,3ab2 となる確率を求めなさい。












 
 大中小3個のさいころを投げて,大のさいころの出た目の数をa,中のさいころの出た目の数をb,小のさいころの出た目の数をcとし,2次方程式 ax2bxc=0 をつくる。
 このとき,この方程式がx=−1を解にもつ確率は[ ]である。








       
 3 青雲高校 (H26年) ★  6 岡山朝日高校 (H26年) ★
 大小2個のサイコロを投げて,出た目の数をそれぞれa,bとするとき,次の確率を求めよ。

(1) a>2bとなる確率






(2) abが4の倍数となる確率





 
 大小2つのさいころを同時に投げたとき,出た目の数をそれぞれa,bとする。このa,bに対して,2点A(7,7),B(a,b)をとり,3点O,A,Bを線分で結ぶ。
 このとき,三角形ができない確率は[ア ]であり,二等辺三角形ができる確率は[イ ]である。











 

TOP] [BACK] [NEXT] [解答]  ★ 中  ★★ やや難  ★★★ 難