4 資料の活用
文字サイズを小にすると,A4印刷できます
 19 カード2     月   日(  )
成城高校 (H26年) ★ 東大寺学園高校 (H26年) ★
 Aの袋の中には1,2,3,4,5の数字が書かれたカードがそれぞれ1枚ずつ入っている。Bの袋の中には6,7,8,9の数字が書かれたカードがそれぞれ1枚ずつ入っている。
 この2つの袋から1枚ずつカードを取り出し,Aの袋から取り出したカードに書かれている数字をa,Bの袋から取り出したカードに書かれている数字をbとする。

(1) abが6の倍数となる確率は[  ]である。











(2) abを6で割ったときの余りがaとなる確率は[  ]である。










   
 1から10までの数字が書かれたカードがそれぞれ1枚ずつある。これらのカードをよくきって2枚をひくとき,カードに書かれた数字の差が5以上の奇数である確率を求めよ。










   
 4 大阪府立高校 (H26年) ★
 数の書いてある5枚のカードが箱に入っている。この箱から3枚のカードを同時に取り出すとき,取り出した3枚のカードに書いてある数の和が3の倍数である確率はいくらですか。どのカードが取り出されることも同様に確からしいものとして答えなさい。










   
千葉県立高校 (H26年) ★ 八王子東高校 (H25年) ★
 右の図のように,2,3,4,6,8,9の数字が1枚に一つずつ書かれた6枚のカードがある。この6枚のカードを裏返しにしてよく混ぜ,同時に2枚取り出す。
 このとき,取り出した2枚のカードに書かれた数の最小公倍数が1けたの数になる確率を求めなさい。
 ただし,どのカードの取り出し方も同様に確からしいものとする。









 
 3つの袋A,B,Cがある。それぞれの袋の中には,1,2,3,4の数字を1つずつ書いた4枚のカードが入っている。
 袋A,B,Cから1枚ずつカードを取り出すとき,カードに書いてある数字の和が6となる確率を求めよ。
 ただし,3つの袋A,B,Cにおいて,どのカードが取り出されることも同様に確からしいものとする。









       

TOP] [BACK] [NEXT] [解答]  ★ 中  ★★ やや難  ★★★ 難