4 資料の活用
文字サイズを小にすると,A4印刷できます
 20 カード3     月   日(  )
山形県立高校 (H26年) ★ 愛知県立高校 (H26年) ★
 右図のように袋の中に数字の1,1,2,3,3,4をそれぞれ1つずつ書いた6枚のカードが入っている。この袋からカードを1枚取り出し,それを袋にもどしてかき混ぜ,また1枚取り出す。
 このとき,少なくとも1回は,偶数を書いたカードが出る確率を求めなさい。
 ただし,どのカードが取り出されることも同様に確からしいものとする。






  
 図のように,数字1を書いたカードが2枚,数字2を書いたカードが2枚,数字3を書いたカードが1枚ある。
 この5枚のカードをよくきってから,1枚ずつ続けて2枚取り出す。1枚目を十の位,2枚目を一の位として,2けたの整数をつくるとき,この整数が23以上になる確率を求めなさい。









   
明治学院高校 (H25年) ★★ 鳥取県立高校 (H26年) ★
 10枚のカード がある。この中からカードを1枚ずつ2回引く。
 ただし,1回目に引いたカードは戻さないものとする。1回目に引いたカードの数をm,2回目に引いたカードの数をnとする。また,-2,-4,-6,・・は偶数,-1,-3,-5.・・は奇数とみなす。このとき,次の確率を答えよ。

(1) (m+n)(m−n) が正の数になる








(2) (m+n)(m−n) が奇数になる








(3) (2m+n)(m+2n) が奇数になる。








 
 右図のように,-2,-1,0,1,2の整数が書かれている5枚のカードがある。

(1) 大山さんが,5枚のカードをよくきってから1枚ひいたとき,そのカードが負の整数である確率を求めなさい。






(2) 大山さん,湖山さんの2人が,5枚のカードをよくきってから,この順にそれぞれ1枚ひいたとき,そのカードの整数の積が正の整数となる確率を求めなさい。ただし,ひいたカードは,もとにもどさないものとする。






(3) 大山さん,湖山さん,東郷さんの3人が,5枚のカードをよくきってから,この順にそれぞれ1枚ひき,それぞれがひいたカードの整数をabcとする。このとき,acbcとなる確率を求めなさい。ただし,ひいたカードは,もとにもどさないものとする。





       

TOP] [BACK] [NEXT] [解答]  ★ 中  ★★ やや難  ★★★ 難